チョリチョリロンロンの効果や口コミ(実際に体験!)

チョリチョリロンロンの効果と評価、成分や副作用など

*

アルギニンを多く含む食品と作用、摂りすぎの副作用は危険?

   

アルギニンの作用

チョリチョリロンロンにも含まれる成分であるアミノ酸の1種であるアルギニンは、男性にとってとても身近です。

アミノ酸の中では条件付き必須アミノ酸に分類され、成長期の子供や高ストレス環境に晒された大人にとって重要な役割を果たします。

 

まずアルギニンの作用として重要なのは、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促す効果です。

成長ホルモンの分泌作用があるため、身長アップや、ペニス増大効果が謳われることもあります。

しかし、成長期を過ぎた大人はあまり期待しすぎない方が良いでしょう。

(かといって成長期の子供がアルギニンサプリを飲むのは良くないという意見もあります。)

成長ホルモンによって傷口や疲労が早く回復したり、病気に対する免疫力が向上する作用は健康のためにも重要です。

 

そして、アルギニンが精力や勃起力の向上に効果的と言われる理由が、一酸化窒素(NO)の生成を促進して血管拡張、血流の促進をもたらす作用がある点です。

勃起はペニス海綿体への血液の流れが全てなので、アルギニンによって一酸化窒素が増えるのは男性機能の向上に大いに役立ちます。

勃起力不足や精力減退に悩むようになったら、アルギニンのサプリやチョリチョリロンロンを活用してみると良いでしょう。

 

アルギニンを多く含む食品

アルギニンをチョリチョリロンロンのような精力サプリからではなく、食品から直接摂ることはできるのでしょうか?

アルギニンを多く含む食品には以下のようなものがあります。

(100gあたり)

 

豚ゼラチン 7.9g
湯葉(乾燥) 4.4g
高野豆腐(乾燥) 4.1g
鰹節 4g
ピーナッツ 3.2g
ごま 3g
きな粉 3g
松の実 2.5g
大豆 2.5g
くるみ 2.2g
アーモンド 2.1g
カシューナッツ 2g
エビ 1.8g
サザエ 1.5g
鶏むね肉(皮なし) 1.5g
クロマグロ 1.4g
カツオ 1.3g
鶏もも肉 1.3g
豚ロース 1.3g
牛肉 1.3g
馬肉 1.3g
アジ 1.2g
マカダミアナッツ 1.2g
納豆 0.94g
オートミール 0.9g
玄米 0.6g
豆腐 0.56g
白米 0.5g
おから 0.41g
食パン 0.3g

 

こうして見ると魚介類、肉類、ナッツ類、大豆食品に多く含まれていることが分かります。

ただし100gあたりであることを考えると、なかなか食品だけでは摂取が難しいのがアルギニンです。

摂取量として目指したいのは、大体1日2gから9gですが、男の悩みを抱えているのであれば最低でも5gは摂りたいところです。

だからこそ、アルギニンのサプリは数多くの種類の製品が発売されているんですね。

 

アルギニンを摂りすぎると副作用が危険?

男性の悩みに関わる栄養素でサプリにつきものなのが、摂りすぎると副作用が危険なのではないか?という心配です。

ところが、実はアルギニンは単なるアミノ酸なので、摂りすぎても副作用など危険はありません

他のアミノ酸に対してアルギニンが過剰な”アミノ酸インバランス”という状態にはなりますが、下痢気味になる程度です。

 

1日9g以上の摂取は目指してもなかなか難しいので、アルギニンの摂りすぎを心配するのは杞憂に近いです。

男性系のサプリメントでも、そんな大量にアルギニンを配合しているサプリはありません。

(チョリチョリロンロンは80粒飲んで2000mgです。)

 

また、アルギニンの吸収、代謝のためには肝臓、腎臓に負担がかかります。

肝機能や腎臓の機能に不安がある場合は少しずつ様子を見ながら摂取量を増やすと安心でしょう。

例外的にアルギニンの摂取を避けた方が良い人もいて、先述した成長期の子供の他、疱疹(ヘルペス)の人、統合失調症の人が挙げられます。

 

精力不足などの悩みを解決するためにアルギニンの摂取をする場合、少量から始めて様子を見ながら摂取量を増やしていき、効果を体感できる量を見つけていくという飲み方が理想的です。

チョリチョリロンロンのように1日10錠飲む人もいれば、1日80錠も飲むしみけんのようなプロもいるサプリは融通が利きやすい商品と言えます。

チョリチョリロンロンにはアルギニン以外にも合計で13種類の成分がバランス良く配合されているので、1つの選択肢として検討してみてください。

 - 勃起力をアップする栄養素 ,